2020年05月15日

日本がうらやましい



日本は、39県で非常事態が解除されたというニュースを耳にしました。



ここタイでは、未だに継続中。



しかも、感染者が2日連続で、国内でゼロ(一部で、1名という情報もあり)



パタヤのチョンリ県に至っては、20日連続ゼロです。



 



にもかかわらず、パタヤ市完全封鎖は、解かれたものの、海辺は閉鎖され、商業施設も締めたまま、夜間外出禁止状態が続いています。



 



流れるニュースといえば、酒類販売禁止時間に酒を売らなかったとして、少年グループが小売店を襲撃したとか、、、夜間外出禁止時間帯に、プールでパーティーをしていたことで、逮捕された等のニュースばかり。



 



17日からやっとデパートとマッサージ屋が足マッサージ限定で再開可能等のニュース。



パタヤのホテルに至っては、61日から再開できるか?否か?という状況らしい。



 



給料は、休みの間は、出ないというのが、タイでの私の理解(外資の製造業を除く)



6月から再開しても、給料を受け取るのは、1か月後・・・・大丈夫か???という大きな疑問。



 



日本でも、経済で死ぬか?コロナで死ぬか?



共存論が普通に語られる中、この国は、どこまで経済を追い詰めるのか?疑問である。



 



他国は、まだまだ大流行しているので、入国制限(水際対策)は、大事だと思うが、国内は、普通に動かさなければ、経済のリカバリーは大変なことになると思うのだが。。。



 



パタヤという場所柄、観光客を止めるという行為が、どんなことになるのかは、行政は十分に理解しているはずである。



ホテル、レストラン、マッサージの完全休業の2か月は、大変なことになると思う。



 



これだけ、収束しているのに、まだ続けるか?というストレス。



国民、市民も声を上げないことに、疑問と苛立ちを感じている。



posted by Tetsu at 10:46| 日記