2017年11月28日

大人のレース

先日、今年9度目 通算41回目のフルマラソンに出走。
久しぶりに「大人のレース」ができたことがすごく嬉しい。
「大人のレース」とは、ドボンレースの反対の意味。

42キロは、誰がどう考えても、全速疾走できる距離ではない。
また、目標完走タイムを42キロで単純に割った距離で走ればよいというものではない。

多くのレースが、前半のペースの出し過ぎで、後半に失速→後半、抜かされ続けたことの精神的なダメージも残る。

そういう意味で、大人のレースができた。
前半は、意識してゆっくり。
いかん、、スピードが出過ぎじゃい・・・・と言い聞かせながら走る。
ハーフを過ぎたあたりから、スピードを心がけ、30キロ過ぎでも、心身共に元気であることを確認し、35−37キロ地点が一番スピードが出ている距離。(他のランナーは、失速しはじめる距離)

タイムも多分、自己新レベルのタイムでした。
3時間45分を切ったタイム。

入賞は無理でしたが、非常に満足のレースを終えた喜び。
最近、「大人の対応」という言葉をやけに使う。
50歳前で、「大人」という言葉を連呼するのも、妙だが、

「大人のレース」に満足した週末だった。
posted by Tetsu at 13:20| 日記