2020年06月29日

トライアスロン



昨日、久々にトライアスロンの大会に出走?しました。



トライアスロンは、準備も面倒だし、自転車とスイムは苦手ということと、スタートが遅い→日差しが暑いので、好きではありませんが、マラソン大会が全滅なので、選択肢がなく、トライアスロンに参加。



 



この大会(練習会に近い)の主催者は、頭が良い。



どうしたら、「開催できるか?」を熟考しての大会でした。



 



スタートは、一人ずつ、20秒差でスタート



プールの一番隅からスタートし、折り返しごとに、レーンをズレていく。(すれ違いを避ける)



スタートが20秒差なので、自転車に乗るころには、人もばらけている。



 



ちなみに、一人ずつスタートしますが、エリートランナーが、先の方で、遅い人は、あとからスタート



自己申告制又は、過去のデーターから順番を決めているのでしょうが、そうすることで、さらに人の差ができ、



まばらになる。



 



自転車→ランと続きますが、密はほとんどなしでした。



給水もありませんでしたが、事前に知っていれば、水のペットボトルぐらい、持って走れます。



 



いずれにしても、「どうやったらできるか?」が考えられている大会でした。



 



それに比べ、マラソン大会は、横並びで、全滅。



 



やり方は、いくらでもあると思いますが、「できない」「やらない」の答えが先に来ている感じがしました。


やれる方法を考える。。。そんなことを感じた1日でした。



posted by Tetsu at 11:59| 日記